FC2ブログ

CATEGORIES

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
竹炭職人キムの毎日が挑戦
2010/11/09(Tue)
おばんです!キムです。

111kmの問い合わせありがと~~

怖いのはみんな一緒♪
一緒に一歩踏み出そうね~~!!
kimkimkim1202(@)yahoo.co.jp
カッコをはずしてメールしてねん。


あ!
そうそう今日、息子の風太くんが生まれて初めてハイハイに成功しました♪

もうね、ここのところ、ずっと一人で練習してたんです。

「あ~!」とか
「うぎゃ~!」とか叫びながら、

来る日も来る日もハイハイの練習に明け暮れる風太クン。

ちょっと向こうにある、あの物体まで必死で近づいてそれをつかもうとする姿は本当に見ていて

応援したくなる。

だって本気なんだもん。

出来るかどうか?
それは意味があるのかどうか?

なんてことは全く考えてない。

まさに全身全霊。

僕たちもみんなこうやって、必死になって本気になって成長して大人になってきたんだよね。


いつの間に、こんなにあれやこれや考えるようになっちゃったんだろうね。

父ちゃんも頑張るぞい!


小豆島に帰ってきて、4日目。

実は毎晩海に入って、ひそかにみそぎはじめていました。

今年もいよいよみそぎシーズン到来っす。

たっぷりとけがれを落してもらおう。
ついでに自信も付けちゃおうって思ってます。

久しぶりだから怖かったけど、今まではなんとかいけてたんです。


だけどついにもっとも恐れていた事態。


今日は心から海に行きたくないんです(笑)

めっちゃ寒いし・・・。
もう眠いし・・・。
お風呂も冷めちゃってるし・・・。
意味なくね?
1日くらい入らなくても良くね?

って悪魔のささやきが
天使のささやきにすら感じます。


はぁ・・・。

ってことで今日も海に行ってきま~す。

素敵な朝を迎えてくださいね~~

そうそう、僕の人生を大きく変えた
カンボジアのスタディツアーがありますよ!!

ジャパンツアーで来てくれたバサックスラムの子どもたちにも会えるし、アンコールワットも行けるし。

行ってみよ~~!!

日程は、12月22日~31日(30日夜プノンペン発)
料金は、関空が190,000円、成田が185,000円。
募集人数は、関空15名、成田が10名。
締め切りが11月15日。
申し込みは、
http://maketheheaven.com/cambodia/04study/01tour/index.html
010年12月
第16回 MAKE THE HEAVEN カンボジア スタディツアー!


2010年のクリスマスはカンボジアでサンタクロース?!

カンボジアのスラムや孤児院や村で、真夏の暑くて熱いクリス
マス♪
日本人もカンボジア人も関係ない、こどもも大人も関係ない、
楽しくて最高の出会いと時間があなたを待ってます☆


今年の夏、ジャパンツアーで出会ったあのこどもたち。
日本でみんなでいっしょに歌い、いっしょに踊ったあのバサッ
クスラムのこどもたちと再会しちゃおう!
今度は日本ではなくカンボジアでいっしょに歌って踊ろう♪

水道もガスも電気も無い、だけどとても優しくて温かいプレイ
クラン村の人たち。
そんな村のこどもたちと運動会をしたり、井戸を掘ったり、ホ
ームステイをしたり。
そこはもうあのウルルンのような世界☆
夜はまるでプラネタリウムのような星空が夜空一面に広がるか
も。。。

プロ並みのパフォーマンスをみせるNCCLA孤児院のこども
たちの伝統舞踊♪
ゲストの森源太の熱苦しいライブも!

今回が初めての企画となる、学校のペンキ塗り。
学校がどうなるか、参加者のみなさんがどんな色になるか、と
ても楽しみです♪

世界遺産、アンコール・ワット遺跡観光が1年半ぶりに復活し
ます!
遺跡群をゆっくり散策するもよし、世界遺産から昇る朝日を眺
めながらのコーヒーは格別です。



今までの参加者のほとんどの人がお一人での参加です。
年齢も10代~60代、学生、社会人、職業や出身もみなさん
それぞれです。

みんなで笑い合い、ときには涙が出ることもあるかもしれませ
ん。
そんな10日間を2010年の最後に一緒にいかがですか。

まずは行ってみよう。
まずはやってみよう。
きっとその先になにかがあるはず。

ひとつでもいいです、一緒に笑顔を増やしましょう☆


*** 竹炭工房 宝箱  竹炭職人 キム ***

TEL   0879-82-3970
URL   http://www.takarabako-takesumi.com/
MAIL  info@takarabako-takesumi.com
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<高松ありがとう。 | メイン | 11月3日「良いお産の日」第一回バースカフェ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://takesumitakarabako.blog99.fc2.com/tb.php/423-34064bc0

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。