FC2ブログ

CATEGORIES

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
岡山ありがとう。
2010/11/16(Tue)
ファイナル岡山はすみれのお宿。

すみれのお宿はね、
里恵の岡山のお母さんのしている
コミュニティーなの。

すんごくすてきだからぜひ行ってみてね。

すみれさんに会ってみてね。
大好きな大好きなお母さん。

すみれさんは、自分の家を解放して、
そこには若者やらなんやらたくさんの人が集まって
すみれさんや仲間たちが作ってくれたご飯を食べて、
夜な夜な語るの。

めちゃめちゃあったかくて、
初めての人でも、
家族の一員になれる、そんな場所。

すみれさんに会った時
幸せに包まれたよ。

でも、疲れから肌荒れをしていたすみれさんを見て、
もっと自分たち若者たちが
頑張らなくちゃいけない。

すみれのお母さんに甘えるんじゃなくて
もうそろそろ私たちが一生懸命に
お母さん、お父さんの世代を支えて行かなくちゃいけないんだ
って再確認しました。

戦時中などの若者たちは
本当に自立していたなって思う。

特攻隊で15歳くらいの若者たちが
「国のため、両親の名誉のために。」
って命をかけた時代。

そこには、どんな形でも、
若者の本気があった。

本気で守ろうって命をかけてくれた。

そんな若者たちがいたから
今の日本があるんだ。

今度は私たちがやり方を変えて、
次の時代に希望を残していく番。

すみれさんや、親たちを守りたいなって
心から思いました。

そんなことを思いながらも、
すみれさんのたくさんの愛情にすっぽり包まれて
幸せな時間を過ごしました。


来てくれたのはほとんどが知り合い。

はるまま率いるチームはるはるのみんなは、
いつ会ってもあったかくて、気持ちの良い人ばかり。

小豆島の仲間たちもたくさん来てくれて、
泣けたよ。

あいこちゃんも神戸から来てくれてありがとう。

こうしろう、いつもサポートしてくれてありがとう。

えりりん、助けてくれてありがとうね。

お客さん一人、一人が、
今日、色んな用事があるだろうに、
その中からここに来ることを選択してくれて、
そのために時間を身体とお金を使って
今、ここにいてくれている。

感謝の気持ちでいっぱいだった。

ゆりさんは、まさに感覚だけで生きているような人で、
自分がほかに合わせて取り繕うとしている部分とかが
まだまだあることに気が付いた。

あぁ自分は、もっと、もっと感覚で行きたいんだって。

理由なんてなくてもいい。

ただ、望んでる。それだけで良いんだって。
思った。

ただ、感じてる。それだけで良いんだって思った。


そして、最後に…

小豆島から来てくれていたこうちゃん、にっくん、もときくん
率いるチームはるはるメンバーによる「毎度ハッピー」の
踊りがありました。

これは、チームはるはるのはるままへのサプライズがしたいって
こうちゃんから連絡があって、
はるはるとはるパパからのサプライズお便り読み付きで
時間が欲しいって話だったのね。

そいでさ…

主催のすみれさんもぜひ一緒にサプライズできないかなって
話をしたのね。

そしたらこうちゃんのうしろでにっくんが

「じゃぁ三人まとめてだね。」

って言って、こうちゃんが、

「うん、じゃぁ二人まとめて。」

って言いなおしたのね。


それが勝手にあやしく感じちゃって…

ここだけの話…(笑)




実はね、

りえ、とてもお恥ずかしいことに…

その3人目のサプライズは
ツアーファイナルの里恵にだって
勘違いしちゃったの!!!(笑)

そいでね、
自分のお話のときには、
こうちゃんたちが来てくれたことに
感極まって涙して(笑)

マイドハッピーの時は
自分に何か言われるんじゃないかって
どきどきして(笑)

あれ?言われない…

はるままとすみれさんだけだ。

これは最後かって、
はるままへのパパからのお手紙が終わっても
まだどきどきしてて、
そして、全部ぜ~~~んぶ終わって、
あ、私じゃなかったのね(笑)って!!!

恥ずかしいやつでしょ私って~~~~(笑)

笑えるよね~~~~


そんな恥ずかし一日でした(笑)


恥ずかしすぎて、
秘密にしようって決めてたけど、(笑)

この頃秘密を暴露するのがテーマだから、
暴露してみました。(笑)


里恵、すぐに秘密作るからさ。

でもさ、秘密なくしていくと、
すごく自分が軽くなるんだよね。

ということで、読んでくれた人
恥ずかしい里恵を知ってくれてありがとう(笑)



まぁそれはさておき、

はるままとすみれさんへのサプライズ、
マイドハッピーは、すごくすごくよかった。

みんな元気になって、
笑顔になって、幸せ満点の顔になってたよ。

里恵は、はるままにかなり、かなり、
お世話になっていて、
大好きで、いつもいつも里恵を応援してくれていて、
年はそんなに変わらないんだけど、
すごく尊敬しているお母さん。

だから、自分のイベントで
はるままが、みんなにサプライズされているのを
見れたのは、幸せだった。

ただ、勘違いさえしてなかったら
もっと楽しめたのにね(笑)


これからは勘違いしないように気をつけま~す(笑)

孝ちゃんたちは、1月からマイドハッピーを
踊る旅に出るんだって。

めちゃめちゃ元気になるから、
ぜひ応援してね。

ではではらぶみんな♪

里恵


スポンサーサイト
この記事のURL | いのち輝くツアー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<竹炭職人キムの毎日が挑戦 | メイン | 高松ありがとう。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://takesumitakarabako.blog99.fc2.com/tb.php/425-4736a153

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。